event
2015. 03. 09

3/24四畳半マンガ家のためのデジタル戦略講座 〜京都版トキワ荘事業のデジタルコミックセミナー〜

credit5

2010年に電子書籍元年と言われてから、はや5年、マンガ出版の世界にも、デジタル出版が定着しました。

現在の環境で、マンガ家に何が出来るのか。東京以外に住むマンガ家の仕事はいかに変わるか?

今や、電子コミックを出版することで1000万円を稼ぐ作家も現れました。Amazon.co.jpのKindleストアでは30万近い日本語の書籍が揃えられています。サービス開始から2年目を迎えたばかりのcomicoのアプリは、800万ダウンロードを超え、マンガを週刊連載する作家は100人を超えます。

これまで、プロマンガ家の世界は圧倒的に東京中心でしたが、デジタル配信の世界で、京都や関西在住の作家の仕事はいかに変わるか?話題のKindleの中でもKindleダイレクト・パブリッシングの担当者とcomicoの担当者から、実際のところを聞き、質問できるイベントです。

banner

*:定員になり次第、お申込は締め切らさせていただきます。

<イベント概要>
主催:京都市(受託 トキワ荘プロジェクト)

日時: 2015年3月24日(火)

時間 19時開始(開場18時半) 終了21時半

場所:
総合学園ヒューマンアカデミー京都校
京都府京都市下京区四条通り柳馬場東入ル 立売東町12-1 6F (地図

*ご注意!:京都市営地下鉄四条駅(阪急京都線烏丸駅)のそばには、ヒューマンアカデミーの校舎が2つあります。
今回の会場は、四条通り沿いで阪急烏丸駅(地下鉄四条駅)と、阪急河原町駅の丁度中間地点にある、「日土地京都四条通ビル6階になります。
烏丸通り沿いで、四条駅(烏丸駅)の北側にある校舎とは別の場所になりますので、ご注意ください。

日土地京都四条通ビル

 

会場入り口正面写真 ( 日土地京都四条通ビル6F )

登壇者:

小菅祥之
アマゾン ジャパン株式会社 Kindleコンテンツ事業部
Kindleダイレクト・パブリッシング担当部長

大藤充彦
NHN Playart株式会社 comico事業部 事業プロデューサー

-new!- まつもとあつし
フリージャーナリスト・コンテンツプロデューサー。 ASCII.JP・ITmedia・ダ・ヴィンチなどに寄稿、連載を行う。
東京大学大学院博士課程(社会情報学)

モデレーター 菊池健
トキワ荘プロジェクト/京都版トキワ荘事業 ディレクター、マンガHONZライター

内容:

【第1部】

19:00-20:15

20分- 電子コミックとマンガ家の関係について トキワ荘PJ 菊池
(参考: http://dotplace.jp/archives/16322 )

– 各社サービス内容、登録方法、実際の現場のお話、国内外への発信についてなど –

20分- comico 大藤氏

20分- アマゾン ジャパン Kindle ダイレクト・パブリッシング 小菅氏

15分- セルシス社の動画による、KDP用mobiファイルの作り方紹介(抜粋予定)

 

<休憩> 10~15分

【後半】
20:30-21:30

50分- クロストーク&質問受付
「ネットがあることを前提として、マンガ家に出来る事。」
登壇:アマゾン ジャパンKindle ダイレクト・パブリッシング小菅様,comico大藤様,-new!- フリージャーナリストまつもとあつし様  (進行:菊池)

10分- 総合学園ヒューマンアカデミー様よりお知らせ(社会人向けデジタル作画講座等)

*:ご注意、amazon、comico両社のプレゼン中、資料などの撮影はご遠慮ください。 

 

対象: 京都を中心として関西在住の、プロ漫画家、志望者、学生、マンガ関連教員、など

参加者数: 先着50名

参加費: 無料

お申込方法:

以下フォームよりお申込
http://ws.formzu.net/fgen/S86311254/

banner

*:定員になり次第、お申込は締め切らさせていただきます。

協力: アマゾン ジャパン株式会社、NHN PlayArt 株式会社、株式会社セルシス、総合学園ヒューマンアカデミー京都校

credit10

※Amazon、Amazon.co.jp、KindleおよびそれらのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

 

<参考イベント例>
電子書籍プラットフォームを語るトークライブ@コミティア
http://www.comitia.co.jp/info109.html
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html/?ie=UTF8&docId=3078358626

 

菊池健×鈴木みそ:あまり多くない読者とともにマンガ家が生きていくには – DOTPLACE
http://dotplace.jp/archives/16322