kyoto
2015. 06. 30

8/1 電子コミック時代の漫画家生存戦略 鈴木みそ@京都国際マンガミュージアム

dh1.0

電子コミック時代の漫画家生存戦略 鈴木みそ@京都国際マンガミュージアム
-『でんしょのはなし』発刊記念- 

マンガ出版の世界にも、ダイレクトパブリッシングやデジタルコミック大手プラットフォームの影響が表れてきました。

京都や大阪など、関西を中心とした東京以外に在住するプロ漫画家、学生、志望者などは、こういった新しい流れをどのように活かしていけばよいのでしょうか。

本イベントでは、マンガのデジタル化の流れの中で、セルフパブリッシングを中心選手として引っ張ってきた漫画家鈴木みそ先生をお迎えし、デジタル化移行期も真っ盛りとなってきた漫画業界での生存戦略をお話していだきます。

今回、eBookJapanの『KATANA』誌上で連載した『でんしょのはなし』出版に伴い、先行して東京でもイベントを行っています。

鈴木みそがウェブマガジンで新連載、電子書籍の内幕描く

京都では、個人として電子コミック業界のトップを走る鈴木みそさんのお話と、東京のイベントでも出た「漫画家の目線 から見た、様々な電子コミック生存戦略」を話ししていただきます。

dh3.2

[ 『でんしょのはなし』(マイクロマガジン☆コミックス) より ]

申込バナー

イベント概要

イベント名称: 電子コミック時代の漫画家生存戦略 鈴木みそ@京都国際マンガミュージアム

主催:京都市(受託 トキワ荘PJ)
京都国際マンガミュージアム、eBookJapan【電子書籍販売サイト】

共催:株式会社イーブックイニシアティブジャパン(eBookJapan運営会社)
株式会社マイクロマガジン社

日程: 8/1(土)
時間:13時30分開始(開場13時) 終了15時30分頃

場所:
京都国際マンガミュージアム
京都府京都市中京区 烏丸通御池上ル(元龍池小学校)1階ホール
http://www.kyotomm.jp/guide/access.php

登壇:
漫画家 鈴木みそ
進行 トキワ荘PJ 菊池健

内容:
13:00 開場
13:30-13:40 電子コミック最新事情、ご案内 菊池 (参考記事
13:40-14:40 講演「電子コミック時代の漫画家生存戦略」鈴木みそ (参考記事
14:40-15:20 質疑応答&クロストーク 鈴木みそ/菊池健

2015/7/29追記: 
終了後に、16時より会場すぐそばにて、簡単な茶菓を準備して、参加無料の懇親会を行います。
詳細は会場でご案内しますので、鈴木みそ先生や、関西地方のマンガ関係者の方々と親交を深める機会として、お気軽にご参加下さい!

 

対象:
京都を中心として関西在住の、プロ漫画家、志望者、学生、マンガ関連教員、電子書籍に関心のある方、広く鈴木みそ、マンガファンの方など

参加費:
京都国際マンガミュージアム入館料として大人800円 講演は無料

お申し込み方法:
以下のお申し込みフォームより、事前お申し込み (当日申し込み対応については未定)↓

申込バナー

 http://ws.formzu.net/fgen/S86311254/

イベント説明

7月発売予定のインプレス社『電子書籍ビジネス調査報告書2015』によると、2014年度の電子書籍市場規模は前年比35%増の1,266億円となり、2019年度は2,900億円へ成長と予測されています。

出版不況と言われて久しい中、電子書籍の躍進は、その下落に歯止めをかけるインパクトを持ってきたとも言われています。(*1)

デジタル化が急速に進むマンガ業界の中、デジタル個人出版Kindle Direct Publishingで、年間1000万円以上の売上をあげ、
日本のデジタルコミックのトップランナー、鈴木みそさんを迎え、8/1に京都国際マンガミュージアムにて、「電子コミック時代の漫画家生存戦略」講演を行います。今年3月の、京都版トキワ荘事業のデジタルコミックセミナー「四畳半マンガ家のためのデジタル戦略講座」の第2弾になります。

関西地方で、プロとして活躍する作家から、教育機関でマンガを教える講師陣、マンガを学ぶ学生などには、必見必聴のイベントとなっております。

今年3月には、同じくデジタルコミックセミナーとして、電子書籍関連企業を読んで以下のイベントを行いました。
京都の夜に「マンガと電子化」を考える:「四畳半マンガ家のためのデジタル戦略講座」リポート 

(*1) 参照:2014年電子コミック市場規模は1000億円超!電子コミックはマンガ業界の救世主となったか?

 

登壇者プロフィール

◆ 鈴木みそ(すずき みそ)

1963年静岡県下田市出身。美術予備校時代から,編集プロダクションのライターとして雑誌作りに関わる。ゲーム雑誌などで,ゲーム攻略,記事,コラム,イラスト,をこなす。東京芸大油絵科除籍後,多忙すぎるプロダクションから独立。マンガを描く。

Twitter: @MisoSuzuki
鈴木みそ オフィシャルBlog

参考記事:佐渡島庸平×鈴木みそ「凡庸な作家のサバイバル戦略──結局どうすりゃ売れるのさ」

http://togetter.com/li/852154

◆ 菊池 健 (司会進行)

トキワ荘プロジェクトディレクター  詳細はプロフィールはこちら。

参考記事:インターネット時代における新人の発掘・育成方法とは?

 

各種お問合せはこちら

京都版トキワ荘事業運営者:トキワ荘プロジェクト(NPO法人NEWVERY内)
TEL/FAX:050-1071-8324  Mail:tokiwaso@newvery.jp
担当:菊池(きくち)
京都版トキワ荘事業 HP:http://tokiwa-so.net/kyoto/

場所のご案内をのぞき、京都国際マンガミュージアム宛てにお問合せなさらないよう、よろしくお願いいたします。

<過去イベント例>

http://dotplace.jp/archives/16322

本イベントは、先行して東京で開催された6/25「電子書籍サミット」@阿佐ヶ谷ロフト『でんしょのはなし』発刊記念イベントから、続いて開催するイベントになります。

densho2

 

 

 

dh7.1

 [ 『でんしょのはなし』(マイクロマガジン☆コミックス) より ]

本ページの画像は全て(c)鈴木みそ/イーブックイニシアティブジャパン

お知らせ

【9/20(日)】マンガ出張編集部@京まふ2015開催情報! 

詳細はこちら → http://tokiwa-so.net/news/kyoto/3337/

全景2013

 

 

「MANZEMIプロ講座 背景のプロ編・関西第2期 」

苦手な背景作画を4日間で武器に変えよう。

詳細はこちら→ http://www.man-pro.jp/#!kansai1507/cwio
hai

MANZEMI

↑詳細はバナーをクリックしてください。