参加者の声

1 ~ 6 / 20投稿

3年をタイムリミットと決めて連載を獲得。30歳からの挑戦。

藏丸竜彦さん

ヤングアニマルZEROにて「数学ゴールデン」を連載中のトキワ荘プロジェクト参加者・藏丸竜彦さんにインタビューしました。

地元に居ただけだったらデビューできてなかったと語った藏丸さん。当時30代、最後の3年と一大決心をしてトキワ荘プロジェクトに参加し、見事連載のチャンスを掴みました。担当編集者との出会いや、刺激の連続・ネタだらけという共同生活についても聞いています。

記事全文を読む
実績
連載中!「数学ゴールデン」/ ヤングアニマルZERO 白泉社

20Pのネームを2日で完成。週刊連載以上のスピードまで鍛えられました。

那珂山みちるさん

週刊少年チャンピオンにて「はぐれ勇者の異世界バイブル」の連載中の那珂山みちるさんにお話を伺いました。

自分の時間はとれるはずなのに24Pのネームに1年かけていた那珂山さん。トキワ荘プロジェクトに参加して環境の変化やメンターの甲斐谷先生という存在もあり、2週間で38Pの原稿を完成させることができ自信がついたとのこと。今は目標としていた週刊連載作家として活躍されています。急成長し目標を達成した理由について深堀しました。

記事全文を読む
実績
連載中『はぐれ勇者の異世界バイブル』週刊少年チャンピオン 秋田書店 / 読切掲載『うちの彼女は警戒心が強い』ジャンプ+ 集英社 / 読切掲載『きーちゃんのお昼ごはん』週刊少年ジャンプ 集英社

本気で挑戦するために環境を変えた。担当なしから連作獲得への道のり。

天海杏菜さん

小学館マンガワンで「放課後のグランギニョル」を連載中の天海杏菜さんにデビューまでの道のりを伺いました。

トキワ荘プロジェクト参加当初、担当なしの状態で周囲のプロデビューしている方を見て悔しい気持ちになることもあったそう。周りの入居者を意識する環境が励みになり、天海さんの定期的なマンガの制作・投稿につながりました。その結果、今の担当に出会い、アプリに読み切りが掲載されたのをきっかけに連載獲得へ。

担当なしから連載獲得まで、天海さんのステップアップについて紹介しています。

記事全文を読む
実績
連載中「放課後のグランギニョル」マンガワン 小学館

多くの出会いや体験がヤングジャンプ連載・アニメ化につながる作品を生んだ。

坂本 拓 さん

「潔癖男子!青山くん」がアニメ化し、現在はとなりのヤングジャンプで「服福人々」連載中の坂本拓さんにお話を伺いました。

マンガ仲間と状況や気持ちを共有したいとトキワ荘プロジェクトに参加した坂本さん。当時は賞をとっても読み切りが掲載されず描くことをやめてしまった時期もあるそう。最前線で漫画を描く人たちの近くにいることで視野が広がり、スランプを乗り越えて連載を獲得した坂本さんの出会いや体験で学んだことを教えていただきました。

記事全文を読む
実績
「服福人々」連載中!/となりのヤングジャンプ
「服福人々」1巻発売中!
「潔癖男子!青山くん」1巻~18巻(完結)発売中!

一般企業の正社員から漫画家になろうとする不安を変えてくれたトキワ荘プロジェクト。

M.Mさん

トキワ荘プロジェクト参加前は一般企業の正社員だったM.Mさん。当初は働かずに漫画を描くことに罪悪感や不安があったそう。

同居人から「漫画を描いて、えらい」と言われたことがきっかけで、徐々に「漫画を描いて暮らしてもいいんだ」と思えるように価値観が変わっていきました。

漫画を描く人が身近にいる環境で生き方が変わったというM.Mさんに、トキワ荘プロジェクトに参加してよかったことを色々とお話していただきました。

記事全文を読む

絶対にここから出てやる!が原動力に。入居3年で週刊少年ジャンプ連載。

雲母坂 盾さん

大学卒業後、上京のタイミングでトキワ荘プロジェクトに参加した雲母坂さん。

アシスタントの仕事を減らして自分のネームを描いても採用される保証もなく、お金がないときは辛かったそう。ハングリー精神に火がつき「絶対にここから出てやる!」という気持ちが原動力になり、入居3年目でデビューが決まった雲母坂さんにトキワ荘プロジェクト参加当時のことを伺ってみました。

記事全文を読む
実績
連載「ボーンコレクション」週刊少年ジャンプ 集英社 / 読切掲載「ボーンコレクション」週刊少年ジャンプ 集英社
1 ~ 6 / 20投稿