メンター荘について

「メンター荘」とは

「メンター(英語:Mentor)」とは「良き助言者、指導者、師匠」という意味。トキワ荘プロジェクトでは、経験豊富な漫画家をメンターとして迎え、定期的な面談、指導を請けることができる物件を、「メンター荘」として運営しています。

現在、メンターとしては、いずれもプロ漫画家として高い実績を持つ、甲斐谷忍先生、樹崎聖先生にご指導頂いています。

経験豊富なプロ漫画家をメンターにすることで、漫画家になるまでの道のり(成功)を具体的にイメージできます。時には相談に乗ってもらったり、自分の作品にアドバイスをしてもらうこともあります。漫画家という職業に対する姿勢や考え方など、多くの事を学ぶことが出来ます。

入居が可能なメンター荘

[1]甲斐谷荘

『ソムリエ』、『ONE OUTS』、『LIAR GAME』など、ヒット作を制作してきた実力派漫画家である、甲斐谷忍先生とトキワ荘プロジェクトのコラボレーションによるメンター荘です。

詳細

物件トキワ荘プロジェクト 甲斐谷荘 男子荘、女子荘 1 棟ずつ
場所東武野田線 梅郷駅よりバスで10分程
家賃23,000~31,000円・管理費12,000円
定員男子:8名 女子:6名
対象漫画家志望者、新人漫画家(デビュー済み含む)
協力甲斐谷忍(定期的に、作品へのアドバイスなど予定)

甲斐谷荘入居者の実績

甲斐谷荘・男子荘の空室情報はこちらから。
甲斐谷・女子荘の空室情報はこちらから。

[2]樹崎荘

週刊少年ジャンプでデビュー・初連載をし、アフタヌーンなどでも連載、漫画家入門書としては異例のヒットとなった『10年メシが食える漫画家入門 悪魔の脚本 魔法のデッサン 』の著者でもある漫画家・樹崎聖が入居者のメンターになります。

樹崎荘の入居者は、定期的に開催される樹崎先生との交流会や、同じ夢を志す仲間との共同生活を通じて、励まし合い、時にライバルとして、刺激を与え合いながらプロ漫画家を目指します。

詳細

物件トキワ荘プロジェクト 樹崎荘
場所東武東上線 朝霞駅より徒歩13分程度
家賃41,000~45,000円・管理費12,000円
定員男子6名
対象少年誌・青年誌志望の漫画家志望者、新人漫画家(デビュー済み含む)
協力樹崎聖

メンター「樹崎聖(きさき・たかし)」

漫画家。1987年、『週刊少年ジャンプ』でデビュー。代表作に『交通事故鑑定人 環倫一郎』(スーパージャンプ)や『ZOMBIEMEN』(月刊アフタヌーン)など。その他、著作に『10年メシが食える漫画家入門』『10年大盛りメシが食える漫画家入門』。漫画元気発動計画の代表でネットラジオMCも務めるため現在日本一多くのメジャープロ漫画家と対談している漫画家でもある。

樹崎荘の空室情報はこちらから